こんばんわ!アトピーと子宮に生きる 魚谷です。

昨日、お勉強の為に、とあるセミナーに行ってきました。

そこで出会った起業の先輩と、起業仲間とで帰りにご飯に行ったんですね。
まぁ普通にいろんな事を話しつつ、ご飯を食べてたんですが。

やっぱり自分のレベルとはるかに違う人って、何が違うかって圧倒的に思考が違うんですよね。
考え方も違うし、物事をみる視点が違う。その起業の先輩っていうのは、物凄く稼いでるのに、
「自分なんてまだまだだ」「のんびりしてたら教え子に追い抜かれる」「追い抜かれるのが嫌で、自分に負荷をかけてる」て言うんですよ。

もう稼ぐ必要もないほど収入があるのに、それでも勉強し、努力し、知識に投資をしている。

それを見たら、本当に自分がちっぽけすぎてどうしようもなく見えました。

最近、一緒に仕事をしている方にこっぴどく言われた事があって。
自分のダメさ加減とか、レベルの低さに相当メンタルがやられた時がありました。
で、一時期(といっても1日だけだけど)めちゃめちゃ落ち込んで、すごくモヤモヤしていました。

だけど、そこを乗り越えなければ、私の成長はそこで止まりなんですよね。

自分が出来ない事に挑戦してるからこそ、痛いし、苦しい。
先が見えないし、行動をやめたくなる。

私がアトピーを治した時だって、思えばそうだったはずだ。
薬じゃ治らなくて、苦しくて、悔しくて、泣いて、でも私は諦めなかった。
可能性があるなら、なんだって試そう。
絶対に綺麗になってスカート履いたり、Tシャツ着たり、メイクしたりするんだ!
そうやって、ありとあらゆる方法を試してやってきたからこそアトピー完治という今の私がある。

自分の限界を越えようとする時は、必ず痛みが生じる。
それは今の自分を脱する時なのだから、楽な今の自分に痛みが生じるのは当たり前かもしれない。

結局自分を変えたいなら、今の自分から抜け出さないといけない。
今の自分から抜け出すということは、安住している今の思考や行動を、
ジリジリと上へ向かって変えていかないといけない。
これがまた辛い(笑)。やっぱりアトピーの時も起業も、投げ出したくなるときはある。
人間なので。でも言い訳するつもりはない。

今の私には、「アトピーを自分で治した。子宮頸がん軽度異形成を陰性にした。」
という、実績と自信がある。
難しい何かを動かし、変える方法の原理原則はやっぱり同じだと思う。

諦めない。とにかく行動する。いろんな方法を試す。やりきる。 これだけ。

痛くても、苦しくても、辛くても、
そこに自分の目指すべき何かがあるのなら、自分に戦うべき。

痛みに、負けるな。(どこかのキャッチコピーにあったなこれ)

ということで、心の悩みも、体の悩みも、起業の悩みも、
変わりたいならやるしかないですな。

皆さんも、私も。

痛みの先には、可能性しか存在しない。