私は中学生の頃から生理痛がひどい人でした。

薬を飲むタイミングを逃すと、もう大変。本当に動けなくなります。
よくもまぁこれまで毎月この体と付き合ってきたなぁ・・・と自分でも思うほどです。

最終的にはそんな生理痛を薬で抑え続けていたら、
子宮頸がん軽度異形成になってしまい、
そこで初めて自分の体の声を無視するのを辞め、
自分の体をもっと大事にしよう、
もっと優しくしてあげようと思えるようになり、
最終的には子宮頸がん軽度異形成を克服し、
薬なしでも生理を過ごせるようにまでなりました。

今日は私が毎月死にそうになるほどの生理痛から、
子宮頸がん軽度異形成を克服し
薬なしでも生理を過ごせるようになったまでの経緯をお話しようと思います。

毎月生理がくるのが恐かった

生理時の痛みを感じるようになったのは中学生の頃からでした。

下校中、お腹が痛くて痛くて、帰り際に、
途中座り込んだりして休みながら帰っていたりしました。

本当にひどかったので、中学生の頃から
自分はただの生理痛じゃないんじゃないか。
なんかの病気なんじゃないかと思ってました。
私の生理は、痛くなる前に薬を飲まないと、そのあと本当に大変な事になります。
耳鳴りがして、冷や汗が出て、めまいがして動けなくなるのです。
ひどい時は吐いてしまいます。。

昔はそんな自分の体が心底嫌でした。

もう、何度救急車を呼ぼうと思った事か。
何度子宮を取りたいと思った事か。

でも病院に行っても、「月経困難症ですね(生理痛のこと)」と言われて
痛み止めを出されるだけ。それか、ピルを勧められる。

でも、痛み止めを飲んだり、ピルを飲んで何が変わるかって。
ただ痛みが抑えられるだけ。

でも痛みが抑えられるなら。これでいつも通り過ごせるなら。
それでいいと思って若い頃はいつも市販のEVEやリンクルアイビーという痛み止めを
飲んで、なんとかその場をやり過ごしていました。

薬が効かなくなってきた

最初は市販の痛み止めで痛みを抑えられていました。
だけど、だんだん市販の痛み止めじゃ、効かなくなっていったんです。

これ、西洋薬のほんと悪いところで。
なんでなんでしょう、だんだん薬に耐性が出来るのか、効かなくなってくるんですよ。

結局私は、病院に行って一番強い痛み止めのロキソニンを
出してもらうようになりました。それからは市販のものは全く効かず、
いつもロキソニンを飲むようになりました。

そして気づくのです。

これ、全然根本解決になってないよね・・・?

いつまで薬を飲めば、この痛みは治るの?

ずっと飲んでたって、治らないじゃん!
ただ、抑えてるだけじゃん!と。

でも、どうしていいかわからない・・・
この薬なしでは、私は毎月日常生活を送れない日が2日くらい出来てしまう。
もう完全に薬頼りでした。だけど、このままじゃやばい。
なんの解決にもなってない。なんとかしなければ・・・

と思って、始めたのが温活でした。

とにかく温めた

このままじゃ私の毎月の生理はよくならない。

そのことに気づいた私は、温活を始めました。
痛みはどこからくるの?生理痛はどうして起こるの?
それをネットや本で調べるうちにわかってきた事は、
「血流を良くすれば痛みは軽減出来る」という事でした。

生理の時に痛みが起こるのは、子宮を収縮させる動きが強いからで、
はがれ落ちた子宮内膜を血液とともに「経血」として
体の外に押し出す働きをする「プロスタグランジン」が原因とわかりました。

で、この子宮の収縮や血を外に出す時に痛みを感じるのだから、
とにかく子宮を温めて血流を良くしよう!となったのです。

私が実際にどんな事をしたか?は動画をみてくださいね。

痛いのに我慢して仕事したら、がん検診に引っかかった

温活をしながらも、仕事がすごく忙しい時期が続きました。

その時の私は、痛みに負けている暇はなかった。
とにかく仕事が忙しかったのです。
お願いだから痛くならないで・・・!そんな願かけをしていたほど、
私は自分の体を、子宮を酷使させ、痛みを黙らせて仕事をしていました。

今思えば、なんでそこまで必死に仕事してたのかワケがわかりません。(笑)
謎の使命感が私を駆り立てていたのでしょう。

そしたらね、もう耐えきれなくて。
JRの駅の医務室で休ませてもらってたんだけど、案の定吐いてしまって。
そしたら救急車を呼ばれてしまって(笑)

婦人科に連れていかれて「一応がん検診もしときますか」と言われ
検診の結果が要精密検査で、更にその精密検査の結果が「軽度異形成」だったんですね。
がんの手前だよって感じです。
子宮の頸部って言うところに軽度の細胞異形成が見つかったワケですね。

初めて自分の体を大事にしようと思った

がん検診に引っかかって、
私は初めて自分が体にしてきた事を思い知りました。

ずっと抑えつけてきた。ずっと我慢してきた。
なんでなのって、自分を、体を、何度も責めた。

ずっと体の痛みを無視して、抑え付けて、仕事してきたんだ。
自分のしてきた事を、この時激しく悔やみました。
それと同時に、「ごめんね」と自分の体に対して思えたのです。

それから私は、痛みを無理に抑えつけるのではなく、
痛いときは体を横にしたり、温めて、
無理して仕事をしないようにしました。
そして日々の食事に気をつけ、生理前はなるべくインスタント食品を避け、
自炊をするようにしました。

人は痛みを知って、失敗を知って、初めて自分の過ちに気づくのです。
でもね、それじゃ手遅れになる場合だってある。

もし私があのとき、救急車で運ばれなかったら・・・
がん検診をしなかったら・・・
今頃、取り返しのつかない事になっていたかも知れないですね。

だからそんな人を減らしたくて、今この記事を書いてたりするのだけど。

終わりに

生理って、たかが生理、されど生理でね。
男の人は気持ちがわからないと思うんだけど、生理痛がヒドイ人は
本当に毎月しんどい思いをしています。
もちろん、生理痛が全くない!という人もいるんだけど。

そしてこれを読んでる生理がヒドイ女子は、どうか

ロキソニン飲んでるから大丈夫!
ピル飲んでるから大丈夫!とは思わないんで欲しいんですね。

子宮筋腫とか、内膜症とか、私のように頸がん(予備軍)になったら、
本当に悲しい思いをします。最悪、子供が産めなくなります。
だから今のうちから自分の体の声を薬だけで解決しようとせず、
ちゃんとケアしてあげてくださいね。

_____________________

魚谷梓がどうやって、
重度のアトピーを自分で完治させる事が出来たのか?
どうやって子宮頸がん軽度異形成を陰性にしたのか?

東洋医学の話を含めながら
「読んでクスリになるメール講座」を行っています。

魚谷梓が東洋医学の力でアトピーや子宮頸がん軽度異形成を克服した方法を公開