今日から9月。

20代最後の夏が終わりました。

 

20代前半。楽しい事しか頭になかったあの頃

 

20代前半、まだ学生だった私は

ただがむしゃらに、好きな事ばかりしていた。

春は花見。ピクニック。

夏はBBQ。海。プール。野外フェス。花火。

 

IMG_0070

 

IMG_2512

秋はキャンプ。冬はスノボー。

ダンスイベントの為に、夜みんなで集まってストリートで練習したり。

みんなで終電で帰ったりして、青春してた。

社会人になっても、やりたい事は全部やった。

ダンススクールに通ったり。料理教室に通ったり。

仕事だけじゃ味気なくて、いつも足りない何かを探してた。

 

自分の人生について考えてみた

 

散々遊んできた結果、23歳くらいから漠然と自分の将来の事を考え始めた。

同年代の友達、周りの大人、職場の先輩を見渡したけど、

誰を見ても、どの場所にいても、自分の未来があまり想像出来なかった。

ただ遊びまくっているだけじゃ、ただ仕事をしてるだけじゃ、段々価値を感じなくなってきた。

自分のライフプランを決めて、自分で仕事(起業)をすると決めたのが25歳。

2016年、29歳の私は、この夏、全てを自分の未来の為に捧げた。

 

20代最後の夏。未来の為に遊びを捨てた

 

今年、20代最後の夏は大好きなBBQも、大好きな友達とのイベントも、

音楽フェスも、花火も全部しなかった。本当は楽しい事が大好きな私。

だけど、今じゃない。

遊びはこれからだって、いくらでも出来る。でも今じゃない。

そう思っていた。

遊びを捨てた代わりに、私は

はじめてセミナー講師をした。自分のクライアントが増えた。

 

customer-voice

自分の仕事で一般のOL並みに稼ぐ事が出来るようになった。

初めて、値段を見ずに回らないお寿司を食べた。

30歳という大台に入る前に、私はなりたい自分の未来を少しずつ手に入れ始めた。

誰だって人生は、選べる。

 

20代最後の夏を、今までと同じように遊んで暮らす事も出来た。

でも私はそれを選ばず、自分の未来の為の行動を選んだ。

人生は、自分で選べる。

IMG_4833

今まで通りでもいい。新しく生き直すのもいい。

なにを選択するかで、未来は変わる。

私の背中を見ているクライアントや年下の後輩がいる。

その人たちの為にも、人生は自分で選べる事を、これからも証明していきたい。